帰宅中

 家に帰る途中の道で、膀胱に悪魔が宿ったかのような激しい尿意。

 早歩きで家に向かう。雨により足元から体温が奪われ、寒さがじわじわと膀胱を責める。

 家に着く時にはもはや走っていた。傘を閉じ、鍵を開けるのにも手が震える。唇をかみ、最後のひとふんばり。

 玄関からトイレに突撃。

 すっきり。
[PR]
by nyoui_beni | 2004-10-30 19:45 | 尿意
<< 空腹 ミスド >>